治療事例

【特殊義歯の治療事例】
テレスコープ義歯

テレスコープ義歯

テレスコープ義歯

残っている歯を冠で繋いで連結固定することでクラスプ(留め金)による歯の負担を分散します。また、冠の部分とクラスプを一体化させて作成します。義歯がぴったりおさまり、動きにくく、快適で、美しい外観の義歯に仕上がります。

【テレスコープ義歯症例】

歯周病の進行のために奥歯は抜歯となりました、前歯のみ残りました。残った前歯は冠で繋いで連結固定し補強します。

テレスコープ義歯症例 テレスコープ義歯症例

その後クラスプ(留め金)を一体化して作成します。

テレスコープ義歯症例 テレスコープ義歯症例 テレスコープ義歯症例

見た目もきれいに快適な仕上がりに患者さんも満足しています。

テレスコープ義歯症例

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン