治療事例

【インプラントの治療事例】
通常のインプラント治療

A.通常のインプラント治療

通常のインプラント治療
診断用模型を用いたレントゲン検査。
CT検査も併用します。
通常のインプラント治療
まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明をします。
通常のインプラント治療
インプラント埋入手術。
通常のインプラント治療
歯の抜けたところへインプラントを植え込んだあと、顎の骨にしっかり固定されるまで、3~6ヶ月持ちます。
通常のインプラント治療
上部構造装着、治療後。
通常のインプラント治療
インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上に取り付けます。
治療内容
  • インプラント(3本)
  • インプラント上部金合金前装冠 (3本)
治療費用
軽自動車一台分
軽自動車1台分の費用です。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン