治療事例

【インプラントの治療事例】
インプラント治療の前に(骨の環境整備)抜歯時に骨の保存を行わなかった場合

抜歯時に骨の保存を行わなかった場合

抜歯時に骨の保存を行わなかった場合右下奥歯は虫歯の進行で歯が破折しています。

抜歯時に骨の保存を行わなかった場合保存不可能のため抜歯をしました。
しかし、抜歯窩による骨の喪失があります。

抜歯時に骨の保存を行わなかった場合患者さんは抜歯後にインプラント治療を希望されました。左のようにインプラント治療が終了する迄に骨造成、インプラント埋入、等数回の手術が必要でした。抜歯時に骨保存を行っていれば治療期間も短く、治療費負担も軽減できたことでしょう。

治療内容
  • インプラント(2本)
  • 骨再生(GBR)
  • インプラント上部金合金前装冠 (2本)
治療費用
軽自動車一台分
軽自動車3/4台分の費用です。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン