治療事例

【インプラントの治療事例】
弱った歯を助けるインプラント

F.弱った歯を助けるインプラント

弱った歯を助けるインプラントたくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジでは残っている歯だけで咬む力を支えなければなりません。しかし、この咬む力はとても大きなものです。

弱った歯を助けるインプラント抜けているところにインプラントを追加する事で、咬む力のバランスがとれて、歯に対する負担も軽くする事ができます。。

インプラント 症例 6

術前術前

【術前】
ブリッジの土台の歯(手前)が悪くなり抜歯、再度ブリッジをして、これ以上自分の歯に負担をかけたくないそうです。

術後
【術後】
ブリッジではなくインプラントを無くなった歯の代わりに追加しました。残った歯に対する負担も軽くなり、新たに手前の歯を削らずに済みました。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン