治療事例

【インプラントの治療事例】
インプラント治療の前に(骨の環境整備)骨造成(GBR)

骨造成(GBR)

骨造成(GBR)インプラント治療に必要な骨の幅、高さが足りない場合、インプラント埋入の前に骨補填材による骨造成をします。

骨造成(GBR)骨のない部分に膜(GTR膜)を貼り、自家骨、骨補填剤を使用して欠損部分の骨を再生します。

治療前 インプラントするには骨の高さが足りない。

治療中 骨造成を行います。

治療後 骨幅、高さを回復したおかげで インプラント治療が可能です。

治療内容
  • 骨造成(1歯)
  • インプラント(1本)
  • インプラント上部金合金前装冠 (1本)
治療費用
軽自動車1/3台分~の費用です。
軽自動車1/3台分~の費用です。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン