院長からトピックス配信

TOPICS

当院では安全で信頼いただける治療を心がけています

インプラント治療は外科手術を伴います。患者さんの既往歴や病歴の確認をおこない、適応であればインプラント術前検査をおこないます。通常のX線写真では、口の中の立体的な位置関係を把握するのは困難です。インプラントは骨の中に埋めるのが基本です。ですからCTで3次元的な骨の形、厚み,血管や神経の位置を事前に確認しておく事は必須です。

そして、CT上でインプラント埋入シュミレーションをおこない、使用するインプラントサイズを決定します。術前検査を確実に行い安東歯科医院では、安心、安全のインプラント治療を行っています。

02.jpg

安心、安全にインプラント治療を行うためには、CT撮影はいまや常識!!

CTの最大の利点は従来では2次元的にしか診断できなかった状態を3次元的にも確認できることです。歯科用CTは従来の医科用CTと異なりより繊細な口腔内の状態を正確に診断できます。3次元的な診査は、インプラント治療、歯周病の骨欠損、根尖病変の状態、埋伏した親知らずの状態、顎関節の診査、等、その他確実な診査診断のために今後ますます重要になってきます。

安東歯科医院では、レントゲン撮影においてデジタルX線撮影装置を導入しています、従来のX線写真の 1/10の放射線量で撮影可能で、身体への影響を最小限度にできます。また、撮影して瞬時にコピュータに映し出せる為に、お待たせする時間も短縮できました。

歯科用CT撮影 ( コンピュータ断層撮影) は今迄のX線で平面的(2次元)にしか診断できない状態を、立体的(3次元)に確認できます。当医院の歯科用CTは医科用CTに比べて繊細なお口の中の状態を正確に診断できます。

インプラント治療はもとより、歯周病で進行した 骨の状態,歯の根治療(根管治療)の歯根の状態、歯の破折、親知らずの抜歯の検査等に効果的です。 

安東歯科医院での検査、診断、治療の一例、下顎編

レントゲンで左下奥は骨の高さが充分ありそうですが

下顎の場合、下顎管(神経、血管の束)までの距離、下顎骨幅、形態の診断がポイントになります。

下顎骨は断面では傾斜している場合が多く、その状態はレントゲンでは診断不可能です

CT断層撮影では下顎管 までの距離は19㎜、インプラント治療には十分な長さです。しかし、骨の断面は傾斜してえぐれているのが解ります。

CT上でインプラント埋入シュミレーションを行い適正なインプラントサイズを決定します。

シュミレーションにのっとった埋入手術

治療後

CT断層撮影で3次元的な骨の状態、血管の位置を術前に診断できます。
それにより、安心、安全に治療を行えます。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン