再生治療について

再生治療とは

今迄の歯科治療はなくなったところを補ったり、悪いところを切除する治療が中心でした。最近では、なくなった部分を、ある程度回復させる『再生療法』という治療法が話題になっています。今の技術ではある程度迄、再生が可能になってきました。

安東歯科医院は2014年11月26日施行された 再生医療等安全性確保法にのっとり厚生労働省より再生医療等提供機関及び細胞培養加工施設として申請、認可されました。 

具体的には、歯周病の進行で、歯の回の失った骨を再生させる再生療法、インプラント治療の時に、インプラントを植え込むのに必要な骨の量を回復する再生療法、主にブリッジを作る時に、歯のないところの陥没部分の歯茎の量を増加させる再生療法の3つが代表的な治療です。いずれにしても、個々の状況や、時間、治療費などを考慮して患者さんに選択してもらいます(レントゲンでは骨の溶けている状態は黒く、骨は白くもやもやした像に写ります) 。

歯周病の進行で失った骨を再生

歯周病が進行して支えている骨は少ない、このままでは最終的には抜歯です(レントゲンでは歯の周りの骨の無くなった状態は黒く、骨は白くもやもやした像に写ります)。

再生療法を行いました、歯の周りの骨量が回復しています 。

噛み合わせの問題もあり被せもので改善しました。歯の周りの骨も再生し、抜歯せずにすみました。

インプラント治療に際して必要な骨量の再生

インプラントを希望していますが、植え込む骨の量が不足しています(レントゲンでは骨の溶けている状態は黒く、骨の部分は白くもやもやした像に写ります)。

骨の再生療法をおこないました 。

必要な骨量が再生されインプラント治療が可能になりました。

歯茎の陥没部分の再生

保険の前歯ブリッジをセラミックブジッジでの再治療を希望しています。

ブジッジをはずしてみると 歯のないところが陥没して見た目がよくありません。

陥没部分の歯茎の再生療法をおこないました。

陥没部分も綺麗になり患者さんも審美的に大満足です。