治療事例

【インプラントの治療事例】
歯が全て無くなった場合

E.歯が全て無くなった場合

歯が全て無くなった場合総入れ歯(総義歯)は歯茎と義歯の吸着力で支えています。固定するものが無いために入れ歯が動いたり、がたついたりします。

歯が全て無くなった場合歯が全て無くなった場合

インプラント治療を応用する事で、入れ歯を維持装置で固定する事ができ、総入れ歯であってもがたつきを押さえることができます。

インプラント 症例 5

術前【術前】
総義歯ががたついて食事が美味しくないとのこと。口の中は長年総義歯で苦労されてたようで土手は無くなっていました。入れ歯安定材をいろいろ使われてもがたつきはよくならないとのことでした。

術後
【術後】
インプラント4本を埋入し磁石を維持装置とする磁石義歯にて対応しました。同じ総義歯でも今迄義歯で苦労してきたのが嘘のように快適です。お友達との会食も進んで参加できるようになられたそうです。

安東俊夫院長 本記事およびウェブサイトの監修について
安東俊夫(安東歯科医院 院長)
・日本歯周病学会認定 歯周病指導医
・日本歯周病学会認定施設 安東歯科医院 院長
・京セラメディカル公認 インプラントインストラクター
院長プロフィールアマゾン